家庭菜園

家庭菜園は、自宅の庭やベランダで野菜や果物を作る事ですが、中高年・シニア世代にかかわらず、年々愛好者が増えています。

それは、市販野菜や果物の農薬汚染、遺伝子組み換え、不正表示などで、食物の安全性が脅かされているという現状と無縁ではありません。

また、最近は同じ野菜でも20~30年前に比べると、栄養価が著しく低くくなっているという研究データもあります。そのような危機感から自分で栄養豊富で安全な野菜や果物を作りたいという人が増えているようです。

家庭菜園の魅力

家庭菜園には、自分で選んだ肥料や栽培方法で安全な野菜を作れるという他にも、新鮮な野菜を食べる事ができる、育てる楽しみがある、家計を節約できる、自然と触れ合う事によりストレス解消や癒し効果があるなど、多くのメリットや魅力があります。

また、汗をかき、体を動かしながら作業をするので健康にも良く、水やりや栽培方法などを工夫したり考えたりする事は脳を活性化させ、老化防止にもなります。

昨今では、ホームセンターに行けばいつでも季節の野菜の種や苗を入手する事ができ、家庭菜園に関する書物や雑誌も多く発売されているため、情報収集に事欠くことはありません。

庭がない場合は、ベランダなどでプランターを利用して野菜を作る事もできます。

経験を積み、野菜作りに慣れて来たら、農地を間借りして野菜や果物を作る「貸し農園」の活用も検討してみましょう。

自治体が管理している貸し農園は、安価で借りる事ができますので、お住まいの自治体に問い合わせてみてください。ある程度の広さの農園があればかなりの種類の野菜や果物を作る事ができます。

家庭菜園の始め方

家庭菜園を始めるには、スコップ、ジョウロ、プランター、軍手などの道具をまずそろえてください。次に育てたい野菜の種や苗、土、肥料などを用意します。

最初は、比較的簡単に栽培できるナス、ピーマン、ミニトマト、きゅうり、ほうれん草などが良いでしょう。

徐々に慣れてきたら、大根、キャベツ、白菜、人参、枝豆、スイカ、メロン、イチゴ、カリフラワー、アスパラガス、ブロッコリーなどにも挑戦してみましょう。

パセリや青シソなどは、庭の片隅やプランターに何株か植えておくだけで、色々な料理に使え、重宝します。

肥料の選び方や、水やりの仕方、栽培方法は園芸店やホームセンターでアドバイスをしてもらったり、書籍や雑誌を参考にしたり、インターネットを利用して調べてみましょう。

野菜や果物がたくさん収穫できたら、自家製の漬物やジャムなどを作っても楽しいものです。

スポンサーリンク

その他の趣味

「家庭菜園」の趣味に興味のある方は、次のような趣味にも興味を持っています。

料理
庭やプランターで育てた野菜を収穫して料理を作るのは、格別の楽しみがあります。
園芸・ガーデニング
土に触れたり、植物に触れたりと、園芸・ガーデニングは家庭菜園と共通している部分があります。
そば打ち・うどん打ち
食へのこだわり、本物の味へのこだわりのある方に人気の趣味です。

 

スポンサーリンク

おすすめ情報

NHK趣味の園芸 やさいの時間 藤田智の 野菜づくり大全 (生活実用シリーズ)