詩・俳句・川柳

詩・俳句・川柳は、中高年・シニア世代にとっても最も気軽に始められる趣味と言えます。紙とペンなどの筆記用具があれば、いつでもどこでもできる趣味だからです。

詩・俳句・川柳の魅力

詩・俳句・川柳の魅力は、いつでもどこでもできるという手軽さとともに、自分の感情や想いを文字という媒体を通して表現する事ができ、それが第三者(読者)の目に触れる事によって、共感や感動を与えられる事です。

詩(ポエム)は、字数などに特に決まりごとはないので、思いのままに自由に書くことができます。また、曲をつけて歌にする事もできます。

俳句と川柳はともに室町時代に発祥したと言われていますが、五七五の三句の定型から成るもので、日本独特の短詩形文芸です。

俳句は、「俳諧の句」を略した語ですが、明治中期に正岡子規が「俳諧革新運動」において使用したことから、この語が一般化し定着して来たと言われています。俳句には、五七五の文字の中に季語を入れるという約束があります。

また、川柳は、俳諧の修練のひとつであった前句附から発生したものと言われ、江戸時代中期に柄井川柳が、面白い視点から選句をし、これが人気を呼び「川柳」というものが生まれたと言われています。

川柳は俳句と同じ五七五の定型型ですが、季語は必要なく、題材の制約もありません。俳句は主に自然が詠まれますが、川柳は、世相や人事、人情などが題材とされます。

詩・俳句・川柳の始め方

詩・俳句・川柳は、紙とペンがあれば、いつでもどこでも気軽に始める事ができます。

最近では、携帯電話(スマートフォン)を利用して書いたり、SNSで公開したり、閲覧したりする事もできます。他の人の作品や、書籍などで名作といわれる作品に触れるのも勉強になります。

作品ができたら新聞や雑誌に思い切って投稿してみましょう。自分の実力を知る事もでき、新しい発見もあります。
また、同じ趣味を持つ仲間と同人誌などを作って活動するのも、励みになります。

スポンサーリンク

その他の趣味

「詩・俳句・川柳」の趣味に興味のある方は、次のような趣味にも興味を持っています。

国内旅行・海外旅行
旅先で感じる詩情やロマンを、作品に生かす事ができます。
読書
古今東西のすぐれた詩や物語を読んでみましょう。
絵手紙
簡単な絵と言葉を書き添えることにより、心を伝える趣味です。

 

スポンサーリンク

おすすめ情報